スポンサーリンク

韓国ドラマ「ブラックリストシーズン6」前回のあらすじ

最初に、韓国ドラマ「ブラックリストシーズン6」前回のあらすじです。

「ブラックリストシーズン6」前回のあらすじ7話~9話はこちら

「ブラックリストシーズン6」の相関図、キャストを見るにはこちら

「ブラックリストシーズン6」あらすじ全話一覧をみるにはこちら

日本人戦犯のジェネラル・シローを探すリズ。
彼は、虫を使った殺人犯だった。

リズは、レディントンの正体を暴きたいと思っていた。
しかし、彼を逃がした上に、マルグリートとジェニファーが連れ去られてしまう。

レッドは、通報者が誰なのかを探していた。

そんな中、犯罪者を狙ったD大臣による犯行が続発する。
そんなD大臣について調べを進めるレッド達だが…

スポンサーリンク

海外ドラマ「ブラックリストシーズン6」あらすじ10話「クリプトバンカー」

「ブラックリストシーズン6」10話の動画を視聴するにはこちら

「クリプトバンカー」についての調査をレッドから指示されたリズ。
「クリプトバンカー」とは、ビットコインのマネーロンダリングを担当する者だ。

クリプトバンカーの被害に会ったのが、ペースメーカー会社社長のピアソンだった。
娘や患者のペースメーカーを盾に、身代金として巨額のビットコインを払うことに。
そのビットコインは、クリプトバンカーがマネー・ロンダリングしていた。

スポンサーリンク

海外ドラマ「ブラックリストシーズン6」あらすじ11話「バスチャン・モロー(前編)」

「ブラックリストシーズン6」11話の動画を視聴するにはこちら

面会にやってきたクーパー。
ルクセンブルグの銀行口座を調べようとしているレッドがいた。
チーム総出で調べる事になり、ルクセンブルグへ向かう。

銀行システムを突破する為、頭取の暗唱番号をコピーしたチーム達。
システムを突破して、名義が判明する。
その名義は、DCのドイツ大使館勤務のクルーガーだった。

スポンサーリンク

海外ドラマ「ブラックリストシーズン6」あらすじ12話「バスチャン・モロー(後編)」

「ブラックリストシーズン6」12話の動画を視聴するにはこちら

レッドはマクマーンから、足に監視装置を付けられてしまう。
クーパーは、マクマーンと免責契約を復活の為の交換条件を提示する。
それは、2日以内にジーグラー暗殺犯逮捕することだった。
クーパーと約束をしていたはずのマクマーンだが、レッド殺しをモローに指示する。

一方、ナヴァービの体調について、クーパーに知らせようとするアラム。
しかし、本人はそれを拒否していて…

スポンサーリンク

海外ドラマ「ブラックリストシーズン6」あらすじ10話~12話の感想&ネタバレ

ペースメーカーを人質にするなんて、残忍な犯行ですよね!

マクマーンからの交換条件を提示されたクーパー達。
でも、裏で殺害を指示するマクマーン、本当に悪いですね~。

ナヴァービの事も心配ですね。
クーパーに話すのかな~?

次回もお楽しみに!

ブラックリストシーズン6のあらすじ13話~15話はこちら
↓   ↓   ↓
ブラックリストシーズン6あらすじ13話~15話

ブラックリストシーズン6のあらすじ全話一覧はこちら
↓   ↓   ↓
ブラックリストシーズン6のあらすじ全話一覧

スポンサーリンク

海外ドラマ「ブラックリストシーズン6」のその他の情報

ブラックリストシーズン6のキャスト&相関図はこちら
↓   ↓   ↓
ブラックリストシーズン6の相関図&キャスト

ブラックリストシーズン6のOSTやDVDをレンタルするならこちらが便利です。
↓   ↓   ↓
ブラックリストシーズン6のOSTやDVDをレンタルする

海外ドラマあらすじ一覧はこちら
↓   ↓   ↓
海外ドラマあらすじ一覧

関連記事